子供が野菜を嫌う原因と理由を知ろう!

野菜に対するイヤな思い出による心理的な嫌悪感

野菜を嫌う子供をあまり叱りつけると、その経験、怒られた記憶がトラウマとなってしまい、より一層食べさせることが難しくなってしまいます。思うように食べてくれないことを叱る習慣を持っている場合は、是非読んでみて下さい。

野菜への興味・関心をかきたて食べず嫌いを克服

子供が野菜を嫌う理由のなかに「食べたことがないから」というものがあります。色や形、ニオイだけで好きじゃないと判断しているということです。野菜に対して興味や関心を持たせることで、食べず嫌いを克服させてあげましょう。

成長過程にある子供の独特な味覚を把握しよう

成長途中にある子供独特の味覚を把握することで、野菜を食べさせるヒントになります。どのような味を好み、なにが嫌いな味なのかを知って、料理することで格段に食べさせ易くなりますよ。

子供が嫌いな代表的な野菜とその理由とは?

子供が嫌いな野菜の多くは味やニオイ、見た目に特徴があることがほとんど。それらを把握することで、どういった調理、味付けにすれば子供の抵抗が和らぐのかが見えてきます。

このカテゴリーの概要

野菜嫌いの原因について紹介します。子供にとって苦手な味・ニオイ・見た目の特徴や、発育途中の味覚は、大人が感じることとは異なった面もあり、成長の段階を待つことで解決することもあります。

また、野菜嫌いで叱られた、罰を受けたという記憶と経験からくる「イヤな思い出」も、大きな原因です。子供にとっては野菜を食べることも大事な学習です。少しずつ焦らずに、味を経験させてあげましょう。

このページの先頭へ