子供が嫌いな代表的な野菜とその理由とは?

子供の嫌いな野菜

  • 苦味が強い(ピーマン・ゴーヤー(ニガウリ)・セロリなど)
  • 刺激が強い(玉ねぎ・ネギ類など)
  • ニオイが強い(にんにく・ニラなど)

苦味が強い(ピーマン・ゴーヤー(ニガウリ)・セロリなど)

ピーマン、ゴーヤー、セロリは苦味が強い野菜です。特にピーマンは子供の嫌いな野菜の代名詞と言っていいほど。苦味を感じさせないよう、火を通したり、好きなものを組み合わせることがポイントです。

辛味が強い(玉ねぎ・ネギ類など)

玉ねぎやネギ類はツンとした刺激があり、生のままでは子供にとって刺激強すぎることがあります。そのかわり、火を通すと柔らかく甘くなるため、美味しく食べられる野菜でもあります。

ニオイが強い(にんにく・ニラなど)

にんにくやニラ、パクチーなどの香味野菜は独特のニオイがあり、人によって好みが大きく別れます。どうしても苦手な場合もあるので、無理をせず少しずつ慣れていくようにしましょう。ニラやにんにくは料理すると匂いと共に魅力的な美味しさを発揮するため「美味しさの元になる」ことを理解すれば、食べられる可能性があります。

その他の嫌いな野菜

  • ナス…アクが強く、食感が独特
  • しいたけ…クセのあるの匂いや食感・見た目
  • トマト…酸味やジュルッとした種の部分の食感

嫌いな野菜に名前が上がる野菜は、「好き」という意見と「嫌い」という意見が極端に別れるケースも多く、人それぞれの好みの違いが反映されています。それでも、アクの強いもの、クセのあるニオイや味のもの、食感や見た目の特徴から、子供が嫌いになってしまうことが多いようです。

大人でも多少の好き嫌いがあるように、全ての野菜を「大好き」になる必要はありません。全く食べられないものが少しずつ食べられるようになったり、苦手な味が少しずつ大丈夫になったりして、子供の味覚は成長します。焦らず、無理をせず、少しずついろいろな味の経験をさせてあげたいですね。

このページの先頭へ