成長過程にある子供の独特な味覚を把握しよう

子供は大人へと成長する過程で、様々な刺激を受けて変化し、発達します。味覚もそのひとつで、大人になるに連れ味覚のバランスや感覚が成長し、様々な食べ物の味を感じ分けたり出来るようになります。

味覚には…

  • 塩味(しょっぱい)
  • 甘み(甘い)
  • 酸味(酸っぱい)
  • 辛味(辛い)
  • うまみ

この5つがあり、それらが複雑に混ざり合って味わいとなっています。このうち、特に「塩味・甘み・うまみ」は、人が不可欠とする味覚であり、多くの人が好む味のベースとなります。子供も、基本的にはこの味を好みます。

うまみというのはアミノ酸のうちのグルタミン酸やイノシン酸などに代表される味で、「ダシ」の味のこと。昆布だしや鰹だしをはじめ、鶏ガラスープ、ブイヨン、肉汁などに多く含まれています。

子供が好きと答える野菜の上位ランキングには「とうもろこし」や「じゃがいも」などが上位に入っていますが、これらは甘みが強く、食べやすい野菜だからです。

野菜には苦味や渋みがある

野菜には苦味や渋味が強いものもあり、子供にとっては慣れない上、あまり美味しいとは感じられません。子供の野菜嫌いは、味覚の発達途上であることや、野菜の味を経験していないため、ある程度は仕方のないことでもあります。

硬さや大きさもポイント

また、子供は内臓や歯なども成長の途中にあります。ゴロゴロと大きく切りすぎた野菜や、硬い食感の生野菜のサラダなどは、食物繊維が多すぎて、子供にとっては食べづらいもの。「野菜って食べづらいから嫌い」となることもあります。

よく噛んでしっかりアゴを動かすことも大切ですが、野菜に慣れていない時や歯が生え変わる時期、体調が良くない時は無理をせず、温めたり煮込んだり炒めたりして、美味しく食べられる工夫をしましょう。

大人になって食べられるものの幅が広がったり、苦手だったものが食べられるようになることがありますが、これも成長による味覚の発達や、食べ物の味の経験を積んだ結果と言えます。まずはあせらず、様々な味の体験を通して、野菜の味を知っていくことから始めたいですね。

このページの先頭へ