野菜嫌いを克服することで得られる4つのメリット

野菜嫌いを克服することで得られるメリットについて考えてみましょう。

栄養のバランスが良くなる

野菜に含まれるビタミンやミネラルは1つだけということはなく、必ず複数の栄養素が様々に含まれています。

また、野菜は種類が豊富な上、季節によっても変化します。組み合わせや調理方法を工夫することで、栄養バランスを調節することが出来、栄養不足を改善することが出来ます。栄養バランスの安定は、健やかな成長・発達の源になります。

食事が楽しくなる

食事に苦手なものがあると、どうしても食事が嫌なものになりがちです。食べられる野菜の幅が増えることで、味覚が発達し、食べられる料理の種類も増えていきます。特に野菜は種類が多いため、好き嫌いなく食べられるように慣れれば、色んな料理を美味しく食べられ、食事が楽しくなります。

食事は栄養を摂ることも大切ですが、楽しく、美味しく食事をすることも大切です。家族や友達と楽しい食卓を囲むことで、コミュニケーションやマナーを学ぶことにつながります。

興味や関心を呼び覚ます

子供はいろいろなものに興味や関心を持ちます。野菜嫌いは食べず嫌いであることも多いです。実際にどのように野菜が育ち、収穫できるのかや、食べると体にどのような効果があるのかを知ることで、野菜に理解が深まることもあります。野菜嫌いを克服する過程で、「知る・学ぶ」楽しみを発見出来ます。

苦手なものを克服した「自信」がつく

大人から見ればなんでもないようなことも、子供にとっては一つ一つが経験です。特に、「出来なかったことが出来た」「わからなかったことがわかった」という成功体験は、子供のやる気や意欲に大きく関わります。

「苦手な野菜を食べることが出来た!」というのは子供にとって大きな自信になります。また、周囲がそれを認め、褒めてくれることで、子供に安心感や喜びを与えることも重要です。野菜嫌いの克服は、心の成長にも大きなきっかけになります。

このページの先頭へ