野菜嫌いな子供と向きあう4つのコツ

野菜嫌いを克服しようと様々な工夫を凝らしても、やっぱり残してしまう…。野菜嫌いを克服する上で、習慣として覚えておきたいことを紹介します。

気長に構える

子供に嫌いな野菜があるのは、好みやわがまま以外にも、味やニオイに慣れないためや、経験不足、味覚の発達途上にあることも理由です。

苦手なものであっても、成長するうちに、少しずつ食べられたり、慣れたりすることもあります。しかし、それがいつになるかはわかりません。親のほうが気にし過ぎてイライラしたり、叱ったりしすぎないよう、気長に構えていきましょう。

罰を与えない

「ピーマンを食べないとおやつはなし」など、野菜を食べないことに対して、罰を与えるケースがありますが、これはNGです。

叱られたり罰を受けたりした記憶は子供の中に残り、嫌な思い出の元となった野菜や食事をまるごと嫌いになってしまうことも。

どうしても子供にこちらの気持ちを伝えたい場合は、「食べてくれると嬉しい」「残されると悲しい」など、感情をベースにして伝える方法のほうがおすすめです。

親がすすんで野菜を食べる

子供は親の食生活の影響を受けます。親がよく食べるものは食卓にも登場しやすく、子供にも馴染み深くなります。「野菜を食べろ」という割に、親が食べていないのでは説得力がありません。まずは親が野菜をよく食べ、その美味しさを楽しんでいる姿をみせることも大切です。

とにかく褒める!

苦手な野菜をちょっとでも食べたり、少しずつ食べられる量が増えたりしたら、とにかく褒めてあげましょう!ほんのちょっとの量でも、子供にとっては勇気が必要だったはず。

「すごいね!」
「頑張ったね!」
「食べてくれてうれしいよ!」

という気持ちを伝え、称えてあげましょう。

子供は褒められた経験から自分への自信や、自己肯定力を身につけます。「苦手な野菜を食べた」という勇気が、大きく成長するように励ましたいですね。

このページの先頭へ