一緒に育て収穫することで野菜を身近なものに

家庭で出来る「食育」

「食育」という言葉がよく聞かれるようになりました。「食育」とは、体験や経験を通じて、食べ物や食事といった「食」に関する知識や、習慣を育てることです。

日本では2005年に成立した食育基本法に基づき、知識の教育、道徳、保健体育の基礎としての「食育」の方針を定めています。

どのように野菜や肉、魚が食卓に上るのかを知ったり、食事の際のマナーや楽しみ方を学んだり、食文化や栄養の知識について知ることも「食育」の一環なのです。

自宅で出来る家庭菜園

畑や田んぼなどが身近にない所で暮らす子供の中には、「野菜はスーパーで作っている」と思っている子もいます。まずは、野菜がどのように育ち、どう収穫できるのかを理解するためにも、家庭菜園をはじめてみましょう。

家庭菜園にオススメの野菜

  • ミニトマト(トマト)
  • キュウリ
  • ゴーヤー
  • ほうれん草
  • 小松菜
  • ネギ
  • ニンジン
  • ハツカダイコン(ラディッシュ)
  • バジル
  • 水菜
  • レタス
  • パセリ

マンションやアパートのプランターでもOKなものはたくさんあります。特におすすめなのはトマト、キュウリ、ゴーヤーといった夏野菜。ミニトマトやキュウリは成長が早く、実のつき方もわかりやすいため、子供もより楽しむことが出来ます。室内でもOKなものとしては、バジル、パセリ、ハツカダイコン(ラディッシュ)などがあります。

野菜は植物なので、水やりや肥料のバランス、日当たり、害虫の駆除なども重要です。子供と一緒に、今一度勉強しなおすのもいいですね。

野菜作りの苦労や難しさも、食育の重要なプロセスです。野菜を育てるためには手間暇がかかることや、野菜には収穫時期(=旬)があることを学ぶことができます。いつも食べている野菜は、誰かが手間と時間をかけて生産したものだと知ることで、野菜に対する気持ちや意識も変化します。

このページの先頭へ