栄養をサポートするための子供用サプリメント

どうしても野菜を中心にした食事が用意できない、子供が野菜を食べない、という場合もあります。その際は応急処置として、野菜ジュースや青汁の力を借りてもOKです。子供が野菜を食べられるように工夫をしつつ、サプリメントの良さも活用していきましょう。

子供用サプリメントの内容

子供用のサプリメントは、ビタミンやミネラルなどが配合されており、その点は大人用のサプリメントと変わりません。

ビタミンやミネラルに加え、脳の働きに良いとされるDHAやギャバ、骨と歯の成長に必要なカルシウムなどをプラスしてあることが多いです。

また、子供が食べやすいようチュアブル(噛んで食べられる)やグミになっており、おやつ代わりに食べられる製品も登場しています。添加物や着色料を出来るだけ少なくし、子供の体への負担を減らしたものも多くあります。

サプリメントの量や成分を確認しよう

成長期の子供には、バランスの良い栄養が必要。1つのビタミンやミネラルに偏るよりも、マルチビタミンミネラルなどの複数の栄養素が配合されたもののほうが、栄養全体のバランスを取りやすくなります。

子供は大人と違い、消化や吸収の能力が十分ではありません。過剰摂取は過剰症を招き、アレルギーや体の不調につながることもあります。体調の変化に注意し、不安な場合はすぐに使用を中止しましょう。

子供にも美味しい!飲みやすさ抜群の青汁

青汁とはケールや大麦若葉、明日葉などを粉末にし、栄養バランスを整えた健康食品です。栄養はたっぷりなものの、青臭いニオイと苦味があり、あまりおいしくない健康食品というイメージがあります。

しかし、青汁のクセをなくし、抹茶風味やはちみつ風味を加えることで、美味しく飲める製品も登場しています。どうしても野菜が食べられないという子には、スープや牛乳に混ぜた青汁を与えるのも一つの方法です。

このページの先頭へ