サンスターおいしい青汁の口コミを検証

サンスターの缶タイプの青汁ですが、商品名の通り本当に“おいしい”のか。子供でも飲めそうなのかを、実際に購入して試してみました。味、飲みやすさを中心に、サンスターのおいしい青汁の優れている点などを口コミにしていきたいと思います。

購入レポート

商品到着から開封

おいしい青汁30缶が入った箱がビニールに包まれて届きました。配送はヤマト運輸です。商品について書かれた冊子なども同梱されています。

今回は30缶入りを購入しましたが、手軽に味を試せる10缶入りのものもあります。どちらも1缶あたり200円なので、はじめて購入する方は、10缶タイプがおすすめです。

最も気になる飲みやすさについて。パウダータイプの青汁は、お茶風味のものが多いですが、このおいしい青汁は、野菜に加えてリンゴとレモンが入っているので、お茶っぽさは全くありません。

最初に感じるのはレモンの酸味と、リンゴの甘酸っぱさです。そのあとに野菜の味がやってくる感じ。苦味や青臭さはほとんど無いので、野菜嫌いの人でも飲みやすいハズです。

また、おいしい青汁の特徴として、すりおろしピューレが配合されているので、繊維質を感じる飲み心地です。ゴクゴク飲めばレモンやリンゴの風味。ゆっくり噛むように飲めば、野菜の味を楽しめる青汁です。

好みを分ける酸味と繊維感

おいしい青汁の味の特徴は、フルーツの酸味と甘酸っぱさ。そして、繊維質まで感じられる飲みごたえです。

酸味が苦手なお子さんなら、お茶風味の青汁の方が、飲みやすいかもしれません。

逆にお茶を嫌がる子供なら、おいしい青汁のフルーツのフレッシュ感を試してみて下さい。

味については、どうしても人によって好みに違いがあるものです。まずは手頃な10本セットで味見をしてみましょう。

おいしい青汁のココがダメ

実際にサンスターのおいしい青汁を飲んでみて、残念だと感じたところを紹介していきます。

飲み方のバリエーションがつけられない

おいしい青汁のデメリットとしては、味を変えられないことです。パウダータイプなら、牛乳で割るなど、より飲みやすくする工夫が出来ます。しかし、おいしい青汁はそれが難しいです。

もともと缶タイプなので、何かと混ぜると量がかなり増えてしまううえ、レモンが入っているので、牛乳などの乳製品は分離してしまいます。

色々工夫して、味のバリエーションを楽しみたい人には向きません。あくまでもそのまま飲んで楽しむものと思って購入しましょう。

缶タイプなのでゴミが出る

パウダータイプと違い、作る手間がないのが魅力のおいしい青汁ですが、その手間の変わりに缶のゴミが溜まっていきます。1日1本なら大したことありませんが、家族3人で飲むような場合は、空き缶が山になります。

また、ある程度のストック場所の確保も必要です。こちらも月30缶なら大したことありませんが、家族全員分ということになると、それなりのスペースが必要になります。

ちょっと値段が高い

1缶あたり200円。定期購入すると180円です。パウダータイプの青汁と比較すると若干値段は高めです。

フレッシュ感や素材の味といった缶でしか味わえないメリットもありますが、コストパフォーマンスという意味では劣ります。

おいしい青汁のココが良かった

ダメなところを紹介したので、今度は良いところも見ていきましょう。

フレッシュ感

パウダータイプの青汁に比べて、凄く素材感を味わえます。これは好みにもなりますが、新鮮な野菜がちゃんと摂れていると強く実感できるのが、おいしい青汁の魅力です。

これは、フレッシュピューレ製法という特許製法によるもので、フレッシュ感を味わえるだけでなく、野菜本来の栄養価を保持できるというメリットもあるとのことです。

豊富な野菜とフルーツが摂れる

サンスターのおいしい青汁は、9種類の野菜と2種類のフルーツを原料にしています。通常、青汁は葉野菜のみで作られているものなので、フルーツが入っているのは特殊です。といっても、あくまでメインは野菜なので、栄養はしっかり入っています。

1缶で補える野菜の量は約90g。1日に必要とされる野菜摂取量は350gなので、その1/4以上を、おいしい青汁1缶で補うことが出来る計算です。

作る手間がない

パウダータイプの青汁の場合、どうしてもシェイカーが必要ですが、おいしい青汁は缶を開けるだけで飲めます。職場など外出先でも手軽に野菜を補給できるのは、缶タイプならではです。

ダメなところで紹介したように、空き缶のゴミが出るというデメリットもあるので、一長一短ではあります。

おいしい青汁を飲んでいる人の口コミ

販売本数8,300万本を突破するほどの人気を誇るサンスターのおいしい青汁ですから口コミ情報も非常に豊富です。ここでは、実際に飲んでいる人の感想や評価などをピックアップしました。

果物の甘みが丁度良い

フルーツジュースのように甘いのではなく、野菜の味を生かすように配合されているのが気に入りました。美味しく飽きずに飲み続けられる味です。リンゴとレモンをいれるだけでこんなに青汁が飲みやすくなるとは思いませんでした。

他のメーカーには無い食感が魅力

すりおろした野菜とフルーツの食感が凄くイイ!粉を溶かして飲む青汁では得られない素材の味を感じられます。たった今ミキサーで作ったかのようなフレッシュさに病みつきです。

野菜不足の強い味方

パウダーの青汁では得られない、生の野菜を摂っているかのような飲みごたえ。それでいて、飲みやすいところが気に入っています。繊維質もしっかり感じられるので、食物繊維もバッチリ。野菜を買うよりも安いので、これからも愛飲していきたいと思います。

検証まとめ

すりおろした野菜と果物のフレッシュさと、繊維のツブツブとした食感がサンスターのおいしい青汁の魅力です。

リンゴの甘さとレモンの爽やかな酸味によって、野菜の味を抑えているので、とても飲みやすく仕上がっています。

しかし、繊維のツブツブとした食感やレモンの酸味は、野菜嫌いの子供にとって、どうしても好き嫌いが出てくると思います。

まずは手軽に試せる10缶セットで、飲んでもらえるかどうかを試してみるのが安心です。

このページの先頭へ