野菜嫌い克服レシピと調理のコツ

野菜をグッと食べやすくする工夫

野菜嫌いな子供に少しでも食べてもらうために、食べやすくするちょっとした工夫・コツを紹介しています。アクやニオイを消し、食感や風味を子供好みに料理していきましょう。

すりおろして見た目の抵抗を無くす

カタチ、見た目だけで嫌悪してしまう子供には、「すりおろし」「みじん切り」が有効です。カレーやハンバーグなど好きな食べ物に入れ、食べ終わった後に野菜が入ってたことを伝えれば、「食べれる」と思うようになります。

食材を甘く柔らかく食べれる「温野菜」のすすめ

シリコン調理器を使えば電子レンジで簡単に温野菜がつくれます。この方法だと栄養価を逃すことが少ないというメリットに加え、柔らかく食べやすい食感になるので、子供の抵抗も減ります。ソースに工夫すればさらに美味しくすることも。

量をたくさん食べるには野菜スープ

野菜は煮込むとカサが減るので、見た目以上にたくさん食べることが出来るようになります。スープなら汁もしっかり飲むので、栄養価もちゃんと摂取可能。味付けも子供好みに調整できるので、サラダよりも断然おすすめです。

野菜を使ったお菓子のレシピ

野菜のクセを取り除き、甘みだけを活かせるのがお菓子です。まずはお菓子と言って子供に与え、食べた後に野菜が入ってることを教えれば、それが美味しいものだと思ってくれます。子供と一緒にお菓子作りをすれば、さらに好きになってくれるはずです。

子供の好きな味・風味で食べやすくする

野菜を食べさせるときに、子供が好きな味・風味にすることで、苦みやニオイの抵抗感が少なくなります。カレー粉やチーズ、ケチャップ、たまごなどと一緒にアレンジすれば、苦手なものも嘘のように食べてくれることもありますよ。

このカテゴリーの概要

子供の野菜嫌いを克服するための、具体的な料理の工夫を紹介しています。苦手な理由となっている食べにくさを失くす工夫や、形が見えると残してしまう子供に効果的な、すりおろしなど、調理のポイントを紹介。

また、栄養価を損ないにくい温野菜や、たくさん食べられるスープのメリット、楽しみながら美味しく食べられるお菓子のレシピや味付けのヒントも掲載しています。

このページの先頭へ