野菜をグッと食べやすくするコツ

アクやニオイを上手に取る

子供が気になるのが野菜の「アク」「刺激」「ニオイ」。ほうれん草や小松菜のアクや、玉ねぎやネギ類の「ピリッとした刺激」、にんにくやニラなどのニオイは、慣れないうちは気になってしまうものです。

そんなときは下ごしらえの際にアク抜きをしたり、水にさらす、熱を加えるなど、アクやニオイを軽くする方法を試してみましょう。

一手間加えることで、野菜はずっと食べやすく、美味しくなります。他の食材との味のなじみも良くなり、食べる時の抵抗が減って、少しずつ食べられるようになります。

好きな食材や食感を味方につける

子供の大好きなソーセージやチーズなど野菜を一緒にするだけでも、子供が食べてくれることがあります。

自分の慣れた味、好きな味に上手く調和させることで、野菜に意識が集中しなくなるのです。味付けもカレー味やケチャップ味、マヨネーズ味などを工夫することで、グッと食べやすくなります。

また、子供によって好きな食感もさまざま。「もっちり」が好きな子もいれば、「しゃきしゃき」が好きな子もいます。好きな食感に合わせてとろみをつけたり、一緒にする食材を変えたりするだけでも、ずいぶん野菜の食べ方が変わってきます。

好きな食感や食材を上手に味方につけ、子供の好みに合わせながら野菜を食べやすくしていきましょう。

このページの先頭へ