子供の好きな味・風味で食べやすくする

子供の好きな味は、野菜嫌い克服の強い味方です。苦手な味やニオイも、好きな味が上手にカバーしてくれることで食べなれ、嫌いというイメージがなくなっていきます。

野菜と相性の良い味

  • カレー味
  • チーズ味(クリームソースやミルク風味など)
  • マヨネーズ味
  • ケチャップ味(トマト味)
  • たまご味

好きな風味の威力は絶大です。たとえば、野菜炒めに軽くカレー粉を振る、野菜スープに粉チーズをかける、卵とじにするなどの工夫だけでもグッと食べやすくなります。

好きな風味で子供が食べやすいきっかけをつくり、徐々に野菜と仲良くなれるようにしたいですね。

みんな大好き!野菜カレー

子供が大好きな味といえばカレー。野菜をたっぷり使ったカレーでも、喜んで食べてくれること請け合いです。

野菜カレーにオススメの食材

  • ピーマン
  • 玉ねぎ
  • ニンジン
  • トマト
  • ブロッコリー
  • ナス
  • カボチャ

カレーはたいていの野菜を美味しく食べられるのが嬉しい特徴。そのままではクセの強いピーマン、玉ねぎ、ニンジンなどもカレーの風味と合わさると美味しくなります。

美味しくするコツ

  • うまみが出るよう肉や魚をプラス
  • 軽く炒める
  • 苦手な野菜は細かくするかすりおろす

カレーの風味アップのために、肉や魚も一緒に加えると美味しさが増し、子供が好きな味になります。

また、あまり油が少ないとそっけない味になるので、肉の脂やオリーブオイルなどで軽く野菜や肉を炒めるのもおすすめです。

柔らかく煮込んだ野菜は少々大きくでも食べられますが、苦手意識の強いものを入れた場合は、すぐには食べられないことも。すりおろす、細かく刻むなどして、最初は少しずつ慣れていくようにしたいですね。

サラダが美味しくなるドレッシング

生野菜が苦手という子供でも、ちょっとした工夫で食べやすく出来るのがドレッシング。マヨネーズやケチャップでもOKですが、いつもその味付けばかりでは脂肪分やカロリーも気になりますよね。

市販のドレッシングも様々ですが、子供と一緒に自家製ドレッシングを作るのも楽しいですね。

すりおろし玉ねぎのドレッシング

  1. 玉ねぎ1/2をすりおろす
  2. サラダオイル・オリーブオイルなどオイルを使いたい分用意(180ml~200ml程度なら数回で使いきれる量)
  3. オイルとすりおろした玉ねぎを混ぜ、しょうゆ・みりん、砂糖などで味付け。

すりおろした玉ねぎからは甘みとうまみが出、美味しいドレッシングになります。作ったあと密閉容器に入れ、一晩寝かせるとさらに味がまろやかになります。

自家製ドレッシングは保存料などが入らないため、かならず数日で使いきれる分量にしておきましょう。たっぷりかけても良いように、しょう油や砂糖の分量を、子供の味の好みと合わせて調整しておくと良いですね。

このページの先頭へ