すりおろして見た目の抵抗を無くす

「これ、嫌い!」を失くすには

子供は嫌いな野菜の形や色、味を覚えてしまうもの。薄く切っても、小さくしても、嫌いな物とわかるとより分けたり、残してしまうことがあります。

そんな時は、姿がわからないよう、すりおろしたりみじん切りにしたりして、「見えなくすること」がポイントです。

野菜をすりおろすレシピ

野菜をすりおろして混ぜると、野菜まるごとの栄養がしっかり摂れる上、食べやすく、消化吸収によいメリットがあります。トロトロとした食感とうまみが出るため、子供にも食べやすい料理方法です。

すりおろしにオススメな野菜

  • レンコン
  • さつまいも
  • りんご
  • ショウガ
  • ニンジン
  • ダイコン
  • 玉ねぎ

そのままでは固くてアクが気になるレンコンは、すりおろして揚げたり、エビやひき肉とミートボール状にして煮込んだり、焼いたりしても美味しく食べられます。また、そのままではクセのあるニンジンやショウガ、玉ねぎは、火を通して煮込むことで甘みが増し、美味しい野菜ソースになります。ポタージュやカレーのベースとして使うのもオススメです。

生のままの大根おろしも、子供にとってはピリッと辛いもの。大根おろしを他の具材と鍋に入れ、ダシや調味料で味付けすることで、「大根おろし鍋」にするのも良い方法です。

ハンバーグやミートボールに混ぜる

すりおろした野菜は、子供が大好きなハンバーグやミートボールと好相性。すりおろしたものをたっぷり入れれば、栄養たっぷりで、かつヘルシーなハンバーグになります。

すりおろした場合は、野菜からの水分が出やすいことに注意。ハンバーグやミートボールの肉をよく練り、まとまりを良くしましょう。下味の塩コショウで味のバランスを整え、ソースやチーズ、ケチャップなどで味をまとめることもポイントです。

このページの先頭へ